about Halau Hula O Mehana

ハラウ フラ オ メハナについて

ハラウ フラ オ メハナは オアフ島フイパークフラスタジオの日本校で
本部スタジオは大阪の梅田にあります
「楽しく、仲良く、美しく、健康に」をモットーに
やさしさ溢れるフラを目指しています

Kumiko Mehana Takehisa

ハワイが大好きで1974年より
度々ハワイへ渡っているうちに
ハワイを深く知りたいと思うようになり
フラを本格的に学び始める。
同時期よりクムフラ ケポオマイカラニパークに師事し、
ハワイアンネーム「メハナ」を授かり
(皆で仲良く、心温かくの意味)、現在に至る。
仲良く、楽しく、美しく、健康にをモットーに、
ハワイの方のように大きくゆったりした
やさしさ溢れるフラを目指しています。

Kepo' omaikalani park

第1回メリーモナーク総合優勝チームの
メンバーとして活躍後、
1994年にオアフ島のフラハラウ
「フイパーク フラ スタジオ」を継承する。
ハワイで地域の若い世代の育成に力を注ぐほか、
キングカメハメハ フラコンペティション、
ワールドインビテーショナルフラフェスティバルなど
ハワイの大会にも
積極的にチャレンジしている。
毎年来日し、メハナで直接指導、ワークショップを開催。

COMPETITION HISTORY

コンペティション参加歴

2005 年

・World Invitational Hula Festival

【群舞アウアナ部門】

Helen Desha Beamer Achievement Award 受賞

2006 年

・World Invitational Hula Festival

2007 年

・World Invitational Hula Festival

2008 年

・World Invitational Hula Festival

【ソロアウアナ部門】

Farden Family Language&Musical Achievement Award 受賞

2009 年

・World Invitational Hula Festival

【特別賞】

George A.K. Holokai Aloha Award 受賞

2010 年

・King Kamehameha Hula Competition

・World Invitational Hula Festival

【群舞アウアナ部門】

Helen Desha Beamer Achievement Award 受賞

【群舞カヒコ部門】

Helen Desha Beamer Achievement Award 受賞

【言語賞】

Edith Kekuhi Kanaka`ole Achievement Award 受賞

【総合優勝】

`Iolani Luahine Overall Achievement Award 受賞

2011 年

・King Kamehameha Hula Competition

・World Invitational Hula Festival

2012 年

・King Kamehameha Hula Competition

・World Invitational Hula Festival

2013 年

・King Kamehameha Hula Competition

・Hula Hoolauna Competition

【クプナグループ部門】 3位入賞

2014 年

・Hula Hoolauna Competition

【クプナグループ部門】 優勝

2015 年

・King Kamehameha Hula Competition

【ワヒネアウアナ部門】 4位入賞

・Kalakaua Hula Competition

【クプナアウアナ ソロ部門】 津田満知子 優勝

【マクアヒネアウアナ ソロ部門】 高田富子 優勝

【クプナアウアナ グループ部門】 優勝

【ミックスアウアナ グループ部門】 2位入賞

2016 年

・King Kamehameha Hula Competition

【ワヒネアウアナ部門】 4位入賞

・Maunalei Hula Competition(岡山)

【クプナグループ部門】 優勝

【ワヒネグループ部門】 3位入賞

2017 年

・Kamehameha Nui Hula Competition

【クプナアウアナ グループ部門】 4位入賞

2018 年

・Hawaii Loa Hula Competition(神戸)

【ワヒネ アウアナ グループ部門】 優勝

【グレイシャスレディース グループ部門】 5位入賞

【ワヒネ アウアナ ソロ部門】 南保朋子 優勝